地盤調査報告書の見方。

すっかり寒くなり毎日布団から出るのがつらくてつらいLE'AHOMEセキネです。

地盤調査をした後には、地盤調査報告書が調査会社から提出されてきます。
しかし、報告書を見ただけではよくわからないという方も多いのではという事で、
今回は地盤調査報告書ってこんな事書いてあるよ!を書いてみます!

地盤調査の測定は基本的に5箇所以上で行います。地盤調査 配置1.jpg
基本的な測定個所は、建築予定の建物の四隅と中央になります。
調査をする時は、建物の形状と配置が決まっている方が良いです。場所が違えば調査の結果が変わってしまう事もあります。
建て替えなど敷地に既存の建物がある場合は、解体後に調査をすることになります。


地盤調査報告書の中に各測定ポイントがあり、下のような報告書が提示されます。
地盤調査 報告書見方.jpg

①荷重Wsw(kN)
おもりの重さです。
国際単位での表記となっていて、1.00kNは100㎏のおもり、0.75kNは75㎏のおもりを載せた状態です。

②半回転数Na
1kN(100㎏)のおもりでもロッドが貫入しなかった場合には、25cm貫入するまでロッドを回転させます。25cm貫入させるのに必要な回転を表す単位が、半回転数(Na)です。
半回転数(Na)が多い方が、かたい地盤であることを意味します。

③貫入深さ
貫入深さは地表面からの深度を表します。

④1mあたりの半回転数Nsw
②半回転数Naを4倍して、1mあたりに換算した値が半回転数(Nsw)です。
報告書では数値と棒グラフ(線グラフの場合もあります)で表されます。

⑤換算N値
N値とはボーリング調査で得られる値で地盤のかたさを表すものです。
N値が大きいほどかたくしまった地盤であることが分かります。
スウェーデン式サウンディング試験では、計算によってボーリング調査のN値に相当する換算N値を割り出します。
【換算N値計算式】
・砂質土 N=2Wsw+0.067Nsw  
・粘性土 N=3Wsw+0.050Nsw

⑥記事(音感・感触・貫入状況・土質名)
ロッドの回転時の音や沈み込みスピードの様子(スルスル、ユックリなど)を表します。
すべての層について記録する報告書もありますが、特徴や問題があった層だけ記録している場合もあります。

このような調査結果から地盤改良が必要か、必要じゃないのかの判断をします。
今回の調査結果例からは、現状GL-1.0m程度の新規盛土以深で軟弱な粘性土(貫入状況ジンワリの部分)が確認された事から不動沈下の発生が懸念されるので、地盤改良工事を実施すると考えられます。
地盤調査 改良種類.jpg

換算N値の数値が高いほど地盤が固く強固という事になりますが、土質、新しい盛土や腐食土などさまざまな状況により、N値が大きくても地盤改良が必要になる場合もあるので注意が必要です。調査結果に特に問題がなければ粘性土の場合でN値が3以上、砂質土の場合でN値5以上であれば一般住宅の建築は可能な場合が多いと言われます。


PageTop